歯垢って何?何でできるの?口臭との関連は?

歯垢とはそもそも何?口臭との関連は?

口臭の原因No1と言われている歯垢。

 

なぜこの歯垢が口臭の原因となるのかをまとめてみました。

 

 

そもそも歯垢って何?

歯垢とは歯の表面に付着した黄色い粘り気のある物質のことを指します。

 

食べかすをそのまま放置しておくと、その食べかすからどんどん細菌が増殖していきやがて歯の表面にまとわりつくネバネバとした物質になります。

 

これが歯垢です。

 

基本的に歯の表面や歯茎と歯の隙間に入った 食べかすは唾液や水分を飲むことによって洗い流されるのですが、唾液の流れが届きずらいところに食べかすが付着すると、その汚れが取り除かれず徐々に菌を増殖していきます。

 

ちなみにこの歯垢には1mg あたりに1億個以上の細菌が存在していると言われています。

 

歯垢と歯石の違い

歯石とは歯垢が放置され、やがて固くなったものを言います。

 

基本的に歯垢は水分をとったり歯磨きをすることに洗い流されますが、うまく洗い流されなかった歯垢はやがてどんどん固まっていき歯石となります。

 

ちなみに歯垢が歯石に変わるまでの時間はおおよそ2日から3日とわずかな時間でできてしまう言われています。

 

一度歯石になってしまうと通常の歯磨きで取り除くことはなかなか難しいです。

 

特に歯石は歯と歯の間や歯と歯茎の間など普段歯ブラシで取り除けないような所できやすいです。

 

この歯石は放置しておくとどんどん硬くそして大きくなっていきます。

 

歯石の表面はボコボコしているので、そこに歯垢がたまることによってより一層歯石が取りづらくなります。

 

また歯垢や歯石自体が細菌の塊なので、細菌の増殖が加速度的に増えていき、結果として虫歯や歯周病、歯肉炎などになってしまいます。

 

歯垢が口臭の原因となる理由

歯垢や歯石の中には、歯周病の原因となるような菌がたくさん混じっています。

 

これらの菌が硫化水素やメチルメルカプタンというガスを発生させます。

 

硫化水素

硫化水素は温泉玉子を作る時のような匂いです。

 

メチルメルカプタン

メチルメルカプタンが発生させるガスは玉ねぎや卵は腐ってそのまま放置した時のような匂いと言われています。

 

これらの臭いが組み合わさることによって、より一層きつい匂いを口から発生させることになります。

 

さらにこの歯垢や歯石が原因で歯肉炎を発生させるとそこから出血することがあります。

 

硫化水素やメチルメルカプタンとこの生臭さが混じり合うことによって何とも言えないきつい口臭がこれで完成されてしまうのです。

 

歯垢の取り方

歯垢は主に

  • 歯と歯の間
  • 奥歯の噛み合わせ
  • 歯と歯茎の境目
  • 抜けた歯の周り歯
  • 歯が重なったところ

 

など普段歯ブラシで洗いづらい所に多く存在しています。

 

つまりこれら普段の歯ブラシでは磨きづらいところを重点にしっかりと歯磨きをすることによってプラークは落とすことができます。

 

また歯垢は食べかすが口の中に付着してから約8時間かかると徐々に雑菌が増殖して出来上がると言われています。

 

なので食後8時間以内に歯を磨くことをお勧めします。

 

また歯ブラシも通常の歯ブラシで手で磨くのではなく電動歯ブラシといったものを使うことによって歯の隙間など普段洗いづらいところも振動によってより細かい粒子が洗いずらいところに届き綺麗に歯垢を洗い流すことができます。

 

なお、歯垢が歯石になってしまうと通常の歯磨きで取り除くとことはほとんど不可能と言われています。

 

なので定期的に歯医者に行って歯石を取ってもらうことを心がけましょう。

 

このサイトで紹介しているゴッソトリノは歯に付着したたんぱく質汚れをきれいに洗い流すので、歯垢が付着するのを防いでくれるのでおすすめです。

 

 

ゴッソトリノを試した結果はコチラ