咳したときに出てくる臭い玉。膿栓って知ってます?

口臭の意外な原因。「臭い玉」とも言われている膿栓とは何者なのでしょうか?

咳をしたときとかにたまに出てくる白いかたまり。

 

通称臭い玉と言われているものの正体は膿栓です。

 

この膿栓とはいったいどういったのものなのでしょうか?

 

膿栓ができるメカニズムをまとめてみました。

 

 

膿栓って何?

膿栓とは喉の奥にある扁桃体の周りにある小さな穴の中に、リンパ球や白血球細菌の塊、脂肪酸などいろいろなものが溜まり固まったもののことを言います。

 

この膿栓は大きさにして直径約3から5 mm 程度で色は薄い黄色です。

 

この膿栓ですが、よく「臭い玉」と言われ咳をした時にたまに出てくる白い塊で、これを潰すとウンコや下水道のようなとんでもない悪臭を放つことで知られています。

 

膿栓ができる理由

膿栓ができる理由として、喉に細菌が増えることが理由と言われています。

 

なぜ喉に殺菌が増えると膿栓ができやすくなるのでしょうか。

 

細菌やウイルスというのは呼吸をするたびにホコリと共に混じって喉に入ってきます。

 

それらの細菌やウイルスを体内に入れないようにするために、扁桃腺から免疫物質である白血球が分泌されます。

 

この免疫物質の白血球と細菌やウイルスが戦ったことによって、死んだ白血球や駆逐された菌やウィルスが溜まったものが扁桃腺の周りにこびりつき、それが扁桃腺周りの穴にたまり膿栓が出来上がります。

 

この膿栓、口呼吸が多い人ほどできやすい状態になります。

 

それは上記で説明した通り、常に口から細菌やウイルスが入ってくる環境を作ってしまっているからです。

 

また、舌苔のページでも説明した通り、ドライマウスの人は舌苔とともにこの膿栓によって口臭がきつくなってしまうことがあります。

 

膿栓のできる場所

膿栓はのどちんこの横の扁桃腺周りの小さな穴にいます。

 

基本的には大きく口を開けてもあまり見ることはできません。

 

ただこの扁桃腺周りの小さい穴を指で押すことによって、匂い玉と言われている膿栓が出てくることがあります。

 

これを指で押して強引に出すことをはあまりおすすめできません。

 

膿栓を出すこと自体は問題ないのですが、指で扁桃腺周りを押すことにより喉に傷や炎症が発生してしまうことがあるからです。

 

また膿栓は自分で頑張って取っても次から次へと発生してしまいます。

 

通常この膿栓は唾液と共に体内の中に流れるか、歯磨きやうがいによって排出されたりくしゃみによって排出されることもあります。

 

なので自分で強引に取るようなことは避けましょう。

 

蓄膿症と膿栓の関係

蓄膿症の人は、よく口臭を気にされている人がいます。

 

まず蓄膿症ですがこれは鼻の中に膿がたまる症状のことを言います。

 

鼻の中で溜まった膿がやがて喉の方に降りてきてしまい、その膿が扁桃腺周りの小さな穴にこびりついて膿栓ができてしまうことがあります。

 

通常の人は口呼吸による雑菌やウイルスが膿栓の原因なのですが、蓄膿症の人の場合、口から入ってくる細菌やウイルス以外に鼻の中に溜まっている膿が原因で膿栓ができてしまうということがあります。

 

膿栓自体を自分で取ろうとするのはとても危険です

ネットやYouTubeで膿栓の取り方や膿栓を取るために綿棒やシャワー、耳かきなどを使う方法が上がっていますが実際これを自分でやるのはとても危険です。

 

というのも、のどちんこやその周りの扁桃腺は非常に刺激に弱くちょっとでも傷がつくとそこが炎症してしまい、それこそ口臭の原因になってしまうからです。

 

また膿栓は自分でとっても次から次へとできてしまいます。

 

なので膿栓自体を取るということよりも、

 

  • 口呼吸を改善する
  • 乾燥している日はマスクをする
  • 水分補給をこまめにする
  • 蓄膿症を治す

 

といった膿栓ができづらい環境を作ってあげることを念頭に考えてみてください。

 

 

ゴッソトリノを試した結果はコチラ