口臭の種類。生理的口臭と病的口臭

口臭の種類。生理的口臭と病的口臭の違いとは

皆さんひとえに口臭といっても2つの種類に分類されるのを知ってます?

 

それが生理的口臭と病的口臭です。

 

これら2つの口臭の違いを以下にまとめてみました。

 

緊張や空腹からくる生理的口臭

大勢の人の前でプレゼンするときに口が臭くなる時ってありませんか?夕方にお腹がすいたときに口臭がきつくなることもありますよね?

 

とくに年をとればとるほどその臭いは濃くなっていく気がします。

 

実はこれ、口の中の唾液の分泌が減ってくることによって口腔内の細菌が繁殖して発生する「生理的口臭」なのです。

 

生理的口臭なので、しっかりと歯を普段から磨いていても発生する生理現象です。

 

この生理的口臭を抑えるには、普段から食事の際にはよく噛んで唾液をたくさん分泌させる習慣を作っておくことが大事です。

 

また、

 

「口臭がちょっと出てきたかも」

 

と感じたら細かく水分補給をすることで雑菌の繁殖を防ぐことができ、口臭を予防することができます。

 

歯周病や内臓疾患からくる病的口臭

歯磨きをしっかりとしていないことからくる口臭はこっちの病的口臭に分類されます。

 

歯科業界的には虫歯や歯周病も病の一つに分類されるそう。

 

口臭とタンパク質のページでも書いたとおり、しっかりと歯を磨いておかないとタンパク質汚れによって虫歯や歯槽膿漏など口臭を引き起こす病気になってしまいます。
その結果、とんでもなくきつい口臭をまき散らし、周りの人から敬遠される人になってしまいます。

 

一度歯槽膿漏などの歯周病になってしまったら歯医者さんに行って治療してもらわないかぎり治りません。

 

そうならないためにも、しっかりと日ごろから歯磨きをして、更にはゴッソトリノなどを使って口に残ってしまったタンパク質汚れをしっかりと洗い流しておく必要がありますね。

 

 

ゴッソトリノを試した結果はコチラ