空腹時に口臭がきつくなる理由って何?

空腹と口臭の関連性ってなに?

お腹が空いてる時って口臭がきつくなったりしませんか?

 

実は空腹と口臭って大きく関連しているんです。

 

 

空腹時の口臭の原因は唾液の分泌量の不足にあった

基本的に口臭はは生理的口臭と病的口臭に分かれます。

 

空腹時の口臭は生理的口臭に含まれます。

 

この生理的口臭とは朝起きた後やお腹が減った時、そして緊張した時に起こる口臭のことです。

 

これら起床時、空腹時、緊張時に共通しているのは口の中の唾液の分泌量が少ないということです。

 

唾液の分泌量が少ないと何で口臭がきつくなるの?

口の中には細菌がものすごくたくさんあります。

 

これらの細菌は定期的に分泌される唾液によって体の中に洗い流されるのですが、この唾液の分泌が少ないと細菌が洗い流される頻度が減ってしまいます。

 

そのことによって細菌が口の中で増殖していき、やがてそれが口臭の原因であるガスを発生させます。

 

これが空腹時における口臭の原因です。

 

特にダイエットをしている場合、常に空腹状態になってしまうと唾液の分泌量が大幅に減ってしまいます。

 

空腹時におすすめの口臭を防ぐ食べ物

食事制限によるダイエットの場合は、ただ食べ物をとらないだけではなくカロリーが少なくて唾液がいっぱい出るもの (例えば梅干しやレモンなど 唾液の分泌量を促す食事) を定期的に取ることによって口臭を防ぐことができます。.

 

また、空腹時は胃に余分な熱が溜まってしまいそれが空腹を引き起こすこともあります。

 

胃の余分な熱を下げるためにトマトや大根がおすすめです。

 

トマト

トマトは体の余分な熱を冷ますと同時に犬熱を沈めてくれるパワーを持っています。 また食欲が過剰に出てしまう場合、朝一にトマトを取ると食欲が落ち着きます。

 

大根

大根は胃をクールダウンし消化を促進するととも、にすっきりとさせる効果があります。

 

特に胃もたれや炎症を抱えてる場合に効果があります。

 

大根と同様にかいわれ大根も同様の効果を持っているので、空腹時に大根やかいわれ大根をとると胃が落ち着きます。

 

 

ゴッソトリノを試した結果はコチラ